つる薔薇のワイヤー誘引を、具体的に説明してみました〜その4〜

2005年のベンチ周辺の誘引について説明してみます^^

この年は思いっきり大きくヒマラヤンムスクを誘引していて、
「これが私の限界だわ」とつくづく実感させられた年でもあります。
この後すぐ、庭をかなり潰してしまったので、これ以上大きな誘引をすることはもう多分ないと思います。広角レンズなんて洒落たものがないので、3枚の画像を繋げてみました。

大きくなっている薔薇は3種類、コンスタンスサプライとピエールドロンサール、そしてその2種類を包み込むようにポールズヒマラヤンムスクです。

↓ヒマラヤンムスクの樹形は茶色の線で描き入れています。
(イメージ図です)
ブルーは2階へ続く階段のあるデッキの手摺など、後ろの構造物の形です。
黄色は雨樋。
ピンクはワイヤーです。
ワイヤーは本当はもっと沢山、細かな部分で引っ張っていたりもしているのですが、大きなものだけ描き入れています。

(1)窓枠にワイヤーをぐるっと結んで、雨樋の金具と結んでいます。このワイヤーに枝を結びます。
(2)階段の手摺とパーゴラをワイヤーで結んで、雨樋の金具から結んだもう一本のワイヤーで引っぱり形を整えています。このワイヤーに枝を結びます。
(3)作り付けの木製プランターボックスから、ワイヤーで直接枝を引っ張り上げています。
台風などでワイヤーがこすれて切れるたびに直さなければならなかったり、それなりに手間はかかります。
でも建物に大きく薔薇を誘引して、見上げてみるとその壮観なこと!!

育てていて良かったと思う瞬間です。
もの凄い開花のパワーに圧倒されます.

(散った後の散らかりたも半端無いものがありますが・・)

↑何度もアップしていますが、このジュランビルとヒマラヤンムスクのコラボはお勧め!

↑ロンサールとも可愛かったですよ!

↑コンスタンスサプライと。
ワイヤーで大きく誘引するのは、熱意と体力のある人向き!
この場合は時間は関係ありません。
あくまでも熱意と体力(体力が先か??)が重要かなあ・・

う〜〜ん、今の私にはとても出来ません・・・

庭の入り口のジュランビル越しに見ています。

この風景には二度と合えません。

Pagination

Utility

プロフィール

miekogarden

Author:miekogarden
mieko (マツモトミエコ)

生まれは新潟のチューリプ農園。
現在は横浜で、子どもの絵画造形教室の先生をしています。

↓ランキングに参加しています。
下のバナーをポチッと押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

三菱の電気自動車