手作りパーゴラのある花壇


2007年5月22日撮影。
花壇中心のパーゴラは私の手作りです。中心に見えるピンクの一重はアン。左側の階段下のアーチから、パーゴラに描けて誘引しているのはヒマラヤンムスク、コンスタンスサプライ、赤紫の小輪はヴィオレット。
奥のラティスフェンスにはマダムイザックペレール、アンジェラ。

↓2001年11月にアップした記事す。
この頃のパーゴラは全て私の手作りです。
支柱の土に入る部分は金属製の専用のパーツで、こちらを打ち込む時だけは、家人にお願いしてやってもらいました。

↓パーゴラの内側からベンチ方向を見ています。手前のピンクはセプタードアイル。

ベンチにかかる簡単な屋根(アーバー)はやはり私の手作りです。
さすがにベンチは作れずネットで購入しましたが、自分でグレーにペイントしています。

ここまでの情熱は、今の私にはないですね・・。


ヒマラヤンムスクとコンスタンスサプライのアーチ


階段下にワイヤーを使ってアーチを作りました。
アーチというよりも、イメージはむしろウォール(壁)に近いかな?
ベンチの左からポールズヒマラヤンムスクを、
右からコンスタンスサプライを誘引しています。

撮影は2004年5月16日。
クレマチスはブルーエンジェル。

手前のピンクの蔓は、フランソワーズジュランビル。

↑こちらは2006年頃かな?
手前の黄色い薔薇はモリニュー。オレンジはパットオースチン。




↓クリックして頂けると、励みになります。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

つる薔薇の誘引例<アーバーのピエールドロンサール>

アーバー(Arbour)とは、つる植物をからませて作る休憩所のような所をさします。
ベンチにパーゴラをかけただけの簡単なものから、あづま屋風のちゃんとした構築物まで、その定義は幅広いようです。
我家の階段脇のベンチに簡単な屋根をかけて、コンスタンスサプライとピエールドロンサールを誘引したい!
と突然思いたち、2001年冬に制作しました。

私の手作りです。

2002年5月10日撮影。
アーバーが完成する前に、階段脇の壁には十分な長さの蔓が誘引してありました。
ピエールを植えてから3年目の春になります。
向かって左に株元があり、左右に分けて誘引しています。前後して隣に植えたヒマラヤンムスクが、その後凄い勢いで伸びて、ピエール自体はどんどん衰退して行きます。
一旦は全滅したかと思ったのですが、その後シュートが出てほそぼそと復活し、今年(2011年)は少しだけ大きくなりました。
ベンチの向かって右にコンスタンスサプライが見えますが、まだ小さいですね。
この後、ベンチ右にもアーチを作るよう、ヒマラヤンムスクとコンスタンスサプライを誘引して行くことになります。


↑こちらはたぶん2005年頃?


↑こちらは2002年5月16日。



↓クリックして頂けると、励みになります。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

Pagination

Utility

プロフィール

miekogarden

Author:miekogarden
mieko (マツモトミエコ)

生まれは新潟のチューリプ農園。
現在は横浜で、子どもの絵画造形教室の先生をしています。

↓ランキングに参加しています。
下のバナーをポチッと押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

三菱の電気自動車